日本語

Home > ニュース > いよいよ東京でもボクシング興行が再開! 
7.16タイトル戦展望1 復活かける王者、清水聡
ニュース

2020年7月13日 月曜日

いよいよ東京でもボクシング興行が再開! 
7.16タイトル戦展望1 復活かける王者、清水聡

 国内ボクシング興行は12日、愛知県刈谷市あいおいホールで行われた中日本新人王戦で再開した。16日には“聖地”後楽園ホールでダブルタイトルマッチが開催される。メインを務めるのはロンドン五輪銅メダリストで王者の清水聡(大橋)だ。殿本恭平(勝輝)を迎えて5度目の防衛戦を行う。

王者の清水(左)と挑戦者の殿本

 清水(8勝8KO1敗)にとっては正念場となる防衛戦だ。長身サウスポーから繰り出す強打“ダイヤモンドレフト”を武器にデビューからKO勝利を重ね、4戦目でOPBF王座を獲得。まさかの落とし穴が待っていたのは、いよいよ世界が見え始めていた昨年7月のことだった。

クラスを上げてWBOアジアパシフィックS・フェザー級王者ジョー・ノイナイ(比)に挑戦してまさかの6回TKO負け。両目を眼窩底骨折するなど大きな挫折を味わった。34歳のチャンピオンはこの敗北を機にボクシングを見つめ直し、新たなスタートを切ろうとしている。

 清水の1年ぶりの復帰戦の相手に選ばれたのが、同級14位のチャレンジャー殿本(9勝4KO2敗1分)だ。右ストレートを武器とするオーソドックスなスタイルで昨年5月に日本ユース王座を獲得した。同年12月の初防衛戦は辛くもドロー防衛だった。

 これまでの実績、対戦相手などを総合的に考えれば、清水の優位は動かないだろう。ただし、1年のブランクやKO負け明けの試合など、清水にも不安要素がないわけではない。ビッグチャンスを手にした25歳、殿本には「失うものがない」という追う者の強みが間違いなくある。

 4ヵ月半ぶりのタイトルマッチだけに、ファンの心に響くような熱いファイトが期待される。試合の模様は19日(日)深夜25時55分からフジテレビ(関東ローカル)で放送される予定だ。

Related

関連記事