2020年7月28日火曜日

元WBAフライ級暫定王者 江藤光喜が引退 
今月閉鎖の白井・具志堅ジムで活躍

 元WBAフライ級暫定チャンピオンの江藤光喜(32歳=白井・具志堅S、写真)が28日、現役引退を発表した。

 沖縄出身の江藤は2008年、故郷の大先輩である具志堅用高会長のジムからプロデビュー。双子の弟・大喜、末弟の伸悟とともに江藤三兄弟として注目された。長身ながら真っ向勝負の打撃戦を得意とし、13年8月、アウェーのタイでWBAフライ級暫定王者コンパヤック・ポープラムックに挑戦し、最終回にダウンを奪って3-0判定勝ちでベルトを巻いた。

 初防衛戦で暫定王座を失い、その後はOPBFフライ級王座に就いて2度の防衛に成功。15年11月、WBC・S・フライ級王者カルロス・クアドラス(メキシコ)への挑戦は判定負けに終わった。

19年8月、米フロリダ州で行われたWBO・S・フライ級王座挑戦者決定戦で、ジェイビエール・シントロン(プエルトリコ)に判定負けした試合がラストファイトに。生涯戦績は31戦24勝19KO5敗1分1無効試合。

 江藤のハイライトは日本人選手が世界戦で17敗1分(当時)と一度も勝てなかったタイで世界王座を獲得したことだろう。ただし、日本ボクシングコミッションは王座を乱造するWBAの暫定王座を認めておらず、残念ながら江藤は日本国内で正式に世界チャンピオンにカウントされていない。これは仕方がないとはいえ、コンパヤック戦の勝利は世界タイトル獲得と同等に十分に価値のあるものだった。

 江藤は今後、「ボックスフィット」というオンラインボクシングレッスンをスタートさせる。詳しくは下記のホームページから。
https://kokisyokai.amebaownd.com/


-->