2020年8月6日木曜日

WBOがフェザー級王座決定戦の入札を通知 
ナバレッテが2階級制覇かけマグダレノと

 WBOは5日、空位のWBOフェザー級王座決定戦、エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)vs.ジェシー・マグダレノ(米)の入札を11日にオンラインで開催すると両陣営に通知した。公式ホームページ上で明らかにした。

マグダレノ(左)とナバレッテ

 前WBO・S・バンタム級王者のナバレッテはメキシコで興行が再開された6月、ノンタイトル戦に出場したあと王座を返上。元WBO・S・バンタム級王者マグダレノも6月、ラスベガスの再開興行でノンタイトル戦に勝利。試合はともにトップランクが契約するESPNで放送されており、両者の対戦交渉はスムーズに進むことが予想される。

 25歳のナバレッテ(31勝27KO1敗1無効試合)は2018年12月、アイザック・ドグボエ(ガーナ)を下してWBO・S・バンタム級王座に就き5度の防衛に成功。一時はバンタム級2冠王者の井上尚弥(大橋)にラブコールを送っていたが、階級アップを選択した。

 28歳のマグダレノ(28勝18KO1敗)は16年11月、ノニト・ドネア(比)を下して世界王座獲得。2度目の防衛戦でドグボエに敗れて陥落した。その後3連勝をマークしている。

 決定戦は前王者シャクール・スティーブンソン(米)のタイトル返上によるもの。両選手ともに2階級制覇を目指す。


-->