2020年9月13日日曜日

コロナ禍で父と祖母を失ったヤードが再起

 12日(日本時間13日)ロンドンのBTスポーツのスタジオで昨年WBO・L・ヘビー級王座に挑戦したアンソニー・ヤード(英)が再起。デク・スペルマン(英)に6回2分42秒TKO勝ちを収めた。

 無敗で昨年8月、セルゲイ・コバレフ(ロシア)に挑んだヤードだったが敵地で11回TKO負け。その後、今年3月と4月に父と祖母が相次いでコロナウイルス感染症で死亡する不運に見舞われた。

 13ヵ月ぶりのリングとなったヤード(29)は慎重なスタート。3回に左アッパーを決めたが、これまでストップ負けがないスペルマン(28)は懸命に応戦する。しかしボディーに的を絞ったヤードは6回、腹で効かせると右でスペルマンを大きくのけ反らせ追撃。右で崩れたスペルマンは起き上がったがストップされた。

 WBO・L・ヘビー級6位のヤードは20勝19KO1敗。元英国同級王者スペルマンは16勝8KO5敗。


-->