WOWOWO井上

WOWOWO井上

2020年10月18日日曜日

金星のロペス 7回までフルマーク「再戦必要ない」 
判定負けのロマチェンコ「納得いかない」

 注目のライト級対決はIBF王者テオフィモ・ロペス(米)が大方の予想を覆して3団体のベルトを保持するワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に判定勝ちし、4団体統一王者に輝いた。スコアからその内容を確認してみると―。

 3ジャッジは1回から7回まですべてロペスのラウンドと採点。ロペスはクリーンヒットこそ少ないものの、ボディ攻撃と手数で上回り、着実にポイントを積み重ねた。ESPNは「前半はロペスが試合を支配。ロマチェンコはとても消極的だった」と表現した。

 8回以降は3ジャッジの見方が割れ、最終12回は3人ともロペスのラウンドに。スコアは119-109、117-111、116-112。10ポイント差をつけてジャッジは11回だけをロマチェンコのラウンドとした。

 ザ・リングによると、ロマチェンコは「前半は彼のほうが良かったラウンドが多かったと思う。でも、後半は私が持っていった。スコアカードには同意できない。私が勝ったと思う。ただし結果は結果。いま争うつもりはない」と試合後に語った。

 ボクシングシーンは116-112、ファイトニュースは115-114でいずれもロペスの勝利と採点した。ロペスは試合後の記者会見で、ロマチェンコが想像していたほどではなく、非常に「ベーシック」なボクサーであったと指摘。再戦の必要性についても否定し、世代交代を強調した。


-->