WOWOWO井上

WOWOWO井上

2020年10月18日日曜日

【動画あり】井上尚弥が10.31防衛戦に向け渡米 
ラスベガス・デビュー戦のイメージは完璧

 WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が18日、羽田空港発の便で父の真吾トレーナー、弟の拓真らとアメリカに出発した。井上は10月31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでジェーソン・モロニー(オーストラリア)と防衛戦を行う。

アメリカに旅立ったチーム井上

 試合を生中継するWOWOWの取材に空港で応じた井上は、海外での試合が3度目ということもあってリラックスした様子。「気持ちの面でも肉体的にも仕上がってる状態」と頼もしいコメントを発した。

 試合のイメージも着々とできている。モロニーについては、18年のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス戦(モロニーが判定負け)を参考にイメージを組み立てていたが、最近になって6月のレオナルド・バエス戦(同7回終了TKO勝ち)をチェックして、さらに自信を深めたという。

 理想の試合内容を問われると、「圧倒的な強さを見せるなら前半KOが理想。でも、そこにこだわらず、まずは勝ちに徹して、そのなかから自分がやれる勝ち方、倒し方というのを出していこうかなと思っています」と長丁場も覚悟した。

 この日、同じトップランク主催のライト級4団体統一戦、ワシル・ロマチェンコvs.テオフィモ・ロペスを観戦して、「ライティングもあるし人の声もあるし問題ない」と無観客試合の様子もしっかりチェックした。日本でやれることはすべてやった。そんな思いを胸に井上がアメリカに旅立った。写真・動画提供=大橋ジム

 なお試合の模様は11月1日午前10時30分からWOWOWプライムで生中継される。


-->