日本語

Home > ニュース > 井上尚弥 ラスベガス防衛戦まであと4日 
連日の長時間取材は「慣れていくしかない」

WOWOWO井上

WOWOWO井上
ニュース

2020年10月28日 水曜日

井上尚弥 ラスベガス防衛戦まであと4日 
連日の長時間取材は「慣れていくしかない」

 WBAスーパー・IBF世界バンタム級チャンピオン、井上尚弥(大橋)のラスベガス防衛戦があと4日に迫った。WBA2位、IBF4位の挑戦者ジェーソン・モロニー(オーストラリア)との試合は日本時間1日にゴング。現地時間27日の様子が大橋ジムより届いた。

インタビューを受ける井上

 この日は試合を中継するESPNの取材を受けた。解説者マーク・クルーゲル氏のインタビューは1時間半におよび、トランクス姿に着替えてのイメージカット撮影も行われた。

休みなくイメージカット撮影

 合わせて2時間近い取材を終えた井上はジムでは練習せずにホテルに戻り、部屋の中で太田トレーナーとミット打ちをするなど軽く動いた。これで練習を打ち上げ、これからは疲労を回復していく。

前日にもショートインタビューを3本こなした井上は「試合を控えた計量前の選手が長時間、毎日取材をするのは日本では考えられないですけど、海外では当たり前のことだと聞いているのでこれは仕方ないのかなと。慣れていくしかないですね」とコメントしている。

佐久間トレーナーとミット打ちをする平岡

 一方、井上の前座に登場する日本S・ライト級1位の平岡アンディ(大橋)はトップランクジムで汗を流した。ロープ、バッグ打ち、ミット打ちを役時間。大橋会長によると、平岡もしっかり仕上がっているとのこと。写真提供=大橋ジム


Related

関連記事