日本語

Home > ニュース > 11.6 辰吉寿以輝が中谷潤人の世界戦セミに登場 
プロ14戦目でサウスポーと初対戦

WOWOWO井上

WOWOWO井上
ニュース

2020年10月28日 水曜日

11.6 辰吉寿以輝が中谷潤人の世界戦セミに登場 
プロ14戦目でサウスポーと初対戦

 元WBC世界バンタム級王者の辰吉丈一郎を父に持つ日本S・バンタム級8位の辰吉寿以輝(大阪帝拳)が11月6日、後楽園ホール「ダイナミックグローブSP」のセミで今村和寛(本田フィットネス)とS・バンタム級8回戦を行うことになった。大阪帝拳が28日発表した。

 この日のメインはWBO世界フライ級王座決定戦、同級3位の中谷潤人(M.T)が同1位ジーメル・マグラモ(フィリピン)と王座を争う。コロナ禍の中、試合発表が直前になったことからプレスリリースでの発表となった。

 2015年にプロデビューした24歳の辰吉はここまで13勝9KO。プロ14戦目で初のサウスポー、今村(2勝1KO)を迎えることになった。28歳の日大時代に国体3位の実績を持ち、ブランクをへて昨年3月にB級プロデビューをはたしている。

辰吉の話「このコロナ騒動の中試合ができることに感謝します。世界戦の前座という舞台でもやらせてもらえるので、盛り上がるので応援よろしくお願いします。久しぶりの東京で思いっきり暴れますので是非楽しみにしてください」

 この日の興行はCS放送日テレジータスで17時45分から生中継される。世界戦はジータスとBS日テレで19時から生中継。写真提供=大阪帝拳ジム


Related

関連記事