日本語

Home > ニュース > 大阪のジム 関係者2人がPCR検査陽性
ニュース

2020年11月24日 火曜日

大阪のジム 関係者2人がPCR検査陽性

 日本ボクシングコミッション(JBC)は24日、日本プロボクシング協会加盟ジムの関係者2人が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性反応を示したと発表した。

 JBCによると、陽性反応を示したのは60代男性クラブオーナーと50代女性マネジャー。2人は無症状で自宅待機中。ジムは休館している。

Related

関連記事