日本語

Home > ニュース > サンダースV2 WBO・S・ミドル級戦 
マーレイに大差勝利でビッグマッチに希望
ニュース

2020年12月5日 土曜日

サンダースV2 WBO・S・ミドル級戦 
マーレイに大差勝利でビッグマッチに希望

 4日(日本時間5日)ロンドンのSSEアリーナで行われたWBO・S・ミドル級タイトルマッチは、王者ビリー・ジョー・サンダース(英=写真)が挑戦者12位マーティン・マーレイ(英)に12回3-0判定勝ち。今月19日に米国で行われるカネロ・アルバレスvs.カラム・スミスの勝者などに対戦を呼びかけた。

 サウスポーのサンダース(31)が序盤から右ジャブを突いてペースを掌握。これが5度目の世界挑戦となるマーレイ(38)を寄せつけない。4回終了間際、連打で攻め込んだ王者の左でマーレイは前のめりにダイビング。しかしレフェリーはスリップと判断した。

 中盤も距離をコントロールするサンダースが左ストレートを決めてリードを広げる。途中からクリンチの場面が続出し、サンダースの攻撃は中断されるが、随所にスキルフルなブローをねじ込んでポイントをピックアップ。マーレイの頑張りにフルラウンドの戦いとなったが、120-109が2者に118-110のスコアで2度目の防衛に成功した。

 試合後エディ・ハーン・プロモーターはカネロ、スミスのほかにゲンナジー・ゴロフキン、デメトゥリアス・アンドラーデの名前を出してサンダース(30勝14KO無敗)をサポートすることを約束。来年のビッグマッチを展望した。5年ぶりの世界戦だったマーレイは39勝17KO6敗1分。Photo/SUMIO YAMADA

Related

関連記事