日本語

Home > ニュース > 井上拓真あす世界戦敗北以来のリング 
“通過点”のOPBF戦「一発だけ気をつける」
ニュース

2021年1月13日 水曜日

井上拓真あす世界戦敗北以来のリング 
“通過点”のOPBF戦「一発だけ気をつける」

 あす14日に開催される後楽園ホール「フェニックスバトル」の計量が13日、日本ボクシングコミッションで行われ、メインのOPBFバンタム級タイトルマッチは王者の栗原慶太(一力)が53.4キロ、挑戦者の井上拓真(大橋)がリミットの53.5キロで合格した。両選手は計量後、オンラインで取材に応じた。

計量を終えた拓真(右)と栗原

 WBC7位、WBO6位にランクされる拓真(25=13勝3KO1敗)はWBC暫定王者だった19年11月、正規王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)にプロ初黒星を喫して以来のリング。1年2ヶ月ぶりのリングを前に、拓真は「やっと試合ができる喜びというか、久々のワクワク感というか、とにかく早く試合がしたい」と腕を撫した。

 ダウンを喫し、攻めきれなかったプロ初黒星を反省し、ディフェンス面も攻撃面も見直して全体的なレベルアップに取り組んだ。兄の井上尚弥をはじめとするジムメートとスパーリングを重ね、大みそかの井岡一翔戦を控えたアマ時代のライバル、3階級制覇の田中恒成(畑中)とも拳を交えた。

「レベルアップした姿を見せる」と拓真

 強打の栗原(28=15勝13KO5敗)については「パンチはありそうなイメージなので、一発だけに気をつけて戦っていきたい」とディフェンスを意識した上で、「打たせないで打つを徹底する」と自らのボクシングを貫く構え。再び世界の舞台に立つ上で“通過点”と位置づける試合でしっかり力の差を見せつけるつもりだ。写真提供=大橋ジム

Related

関連記事