日本語

Home > ニュース > 小國以載vs.和氣慎吾 S・バンタム級因縁再戦 
世界に向けたサバイバルマッチ決定
ニュース

2021年1月22日 金曜日

小國以載vs.和氣慎吾 S・バンタム級因縁再戦 
世界に向けたサバイバルマッチ決定

 元IBF世界S・バンタム級王者の小國以載(角海老宝石)と元OPBF、日本同級王者の和氣慎吾(FRALE山上)による同級10回戦が4月28日、後楽園ホール「SLUGFEST&DANGAN」で開催されることが決定した。22日のDANGAN興行で発表された。

小國以載

 両者は8年前、小國がOPBF同級王者だった2013年3月に対戦。同王座を3度防衛していた小國を和氣が10回終了TKOで下し新チャンピオンとなった。和氣はこの王座を5度防衛後の16年7月、ジョナサン・グスマン(ドミニカ共和国)と空位のIBF王座決定戦を争い11回TKO負けした。

和氣慎吾

 和氣に敗れた小國はジムを移籍して日本王座を獲得。16年12月、和氣を下して世界王者となったグスマンを破ってIBF同級チャンピオンに輝いた。今回の試合は言うまでもなく小國にとっては8年前の雪辱がテーマであり、和氣にとっては小國の持つWBA4位のランキングが魅力となる。

 32歳の技巧派、小國は21勝8KO2敗1分。33歳のサウスポー、和氣は27勝19KO6敗2分。ともに生き残りをかけたサバイバルマッチだ。

Related

関連記事