日本語

Home > ニュース > あすレオvs.フルトン WBO・S・バンタム級戦仕切り直し
ニュース

2021年1月23日 土曜日

あすレオvs.フルトン WBO・S・バンタム級戦仕切り直し

 WBO世界S・バンタム級タイトルマッチがあす23日(日本時間24日)コネチカット州アンキャスビルで開催される。22日に行われた計量で王者アンジェロ・レオ(米=20勝9KO無敗)が121.4ポンド(55.07キロ)、挑戦者1位スティーブン・フルトン(米=18勝8KO無敗)がリミットの122ポンド(55.34キロ)をマークした。

王者レオ(左)と挑戦者フルトン。予想はフルトンやや有利

 両者は昨年8月1日、今回と同じ会場(モヒガンサン・アリーナ)で王座決定戦が組まれたが、直前の新型コロナウイルス検査でフルトンがアウト。レオは同じイベントに出場予定だったトレイメン・ウィリアムス(米)に3-0判定勝ちでエマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が返上した王座を獲得した。今回が初防衛戦。予想はフルトンがやや有利を出ている。

 セミ格ではライース・アリーム(米=WBA2位)がビック・パシージャス(米=WBA8位)とWBA・S・バンタム級暫定王座決定戦を行う。計量でアリーム(17勝11KO無敗)は121.6ポンド(55.16キロ)、パシージャス(16勝9KO無敗)はリミットの122ポンドを計測した。

 同じイベントでWBAライト級暫定王者ローランド・ロメロ(米)が出場を予定している。Photo from Amanda Westcott/SHOWTIME

Related

関連記事