May
20
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

20°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 八重樫が記者会見 井岡との再戦に意欲

八重樫が記者会見 井岡との再戦に意欲

2013年4月9日 14時37分

 8日のWBC世界フライ級タイトルマッチで王者の五十嵐俊幸(帝拳)を下し、2階級目となるベルトを巻いた八重樫東(大橋)が9日、横浜市内のジムで記者会見した。

 
カメラマンの注文に応じてポーズをとる八重樫

 右目上部をカットし、腫れた顔で姿を現した八重樫は「うまく作戦がはまったという印象。昨日に限ってはサウスポーの苦手意識はなかった。練習で体にしみこませたことが試合でうまく出たと思う」と快勝した昨夜の試合を振り返った。

 気になる今後について大橋秀行会長は「傷が治ってからになるが、L・フライ級、そしてS・フライ級と4階級制覇の夢も見えてきた。井岡一翔との再戦? まずはオプションを消化して、井岡選手が3階級制覇をかけて八重樫と対戦するのはアリだと思う」と複数の可能性を示した。

 これを聞いた八重樫は「できるだけ長く防衛したい。井岡くんとやるというならもちろん喜んでやる。負けた選手に勝ちに行くという試合です」とこちらも前向きだった。

 なお、帝拳ジムのはからいで、ベルトが届くまでの間、八重樫が五十嵐のベルトを借りておくことになった。

Related article
関連記事