日本語

Home > ニュース > 後楽園ホールで動画撮影は× 東日本協会が注意喚起
ニュース

2021年2月17日 水曜日

後楽園ホールで動画撮影は× 東日本協会が注意喚起

 東日本ボクシング協会は17日、オンラインで定例会見を開いた。後楽園ホールで1月に開催されたイベントで、観客が試合の模様を動画撮影する違反行為が明らかになったと報告された。

 協会では動画撮影をした観客1人を特定し、本人が撮影の事実を認めたという。協会はこの人物に対して厳重注意を与え、もう一度同じことをしたら試合会場への出入りを禁止する旨を伝えた。1月は2つの興行で試合動画がインターネット上に流れ、JPBAのロゴマークをつけて動画サイトに誘導するツイッターが見つかったという。

 協会は「ホールでの映像撮影は全面禁止だし、特にテレビ中継が入っている場合は大きな問題になる」と説明。動画を撮影すること自体が違反行為だと注意を呼びかけた。1月の件についてはさらに調査を進める予定。

 また先日、東日本協会が協力という形で関わったボクシング・チャリチー・イベント「LEGEND」について、主催者から協会に入った協力金から50万円を牧田総合病院に寄付することが理事会で正式に承認された。同病院は2月から選手のPCR検査、健康診断を引き受けている。

 イベント出演者(選手)から出演料の一部を寄付したいという申し出もあり、協会で選手の意向を踏まえて寄付金をとりまとめることも報告された。寄付先はボクシング興行におけるPCR検査や健康診断を実施している医療機関などが候補に挙がっている。

Related

関連記事