日本語

Home > ニュース > WBO王者サンダース「カネロに勝てるのは私しかいない」
ニュース

2021年3月1日 月曜日

WBO王者サンダース「カネロに勝てるのは私しかいない」

 S・ミドル級でWBAスーパーとWBC王座を保持するサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)は27日の試合後、5月8日にWBO王者ビリー・ジョー・サンダース(英=写真)と3団体統一戦を行うと発表した(場所未定)。これを受けてサンダースが自信満々の発言をしている。

 ボクシングシーンによると、サンダースは「カネロを攻略するためにフットワーク、技術、考え方、頭脳を持っている選手は私だけしかいない」と自身の能力をアピール。「彼はスポーツの主人公であり、ボクシング界の顔だ。みんな彼に敬意を払わなくてはいけなし、彼はいい選手を打ち負かしてきた。しかしだれも無敵ではない。私にはそれを適切に使えば彼に勝てるだけのツールを持っている」と自らをカネロに勝てる唯一の選手だと強調した。

 2008年の北京五輪に出場経験を持つサンダース(31=30勝14KO無敗)は15年12月にアンディ・リー(アイルランド)からWBOミドル級王座を奪って3度の防衛をはたした。19年5月にWBO・S・ミドル級王座決定戦で戴冠して初防衛に成功。20年5月にカネロとの対戦が内定したが、新型コロナウイルスの影響で立ち消えとなった。

 予想はカネロ有利に傾くが、技巧派サウスポーが勢いに乗るスーパー・スターをどのように苦しめるのか。ブックメーカー、ウィリアムヒルは現時点でカネロの勝利に1.16倍、サンダースの勝利に4倍のオッズをつけている。Photo by SUMIO YAMADA

Related

関連記事