日本語

Home > ニュース > 元ヘビー級王者パーカーが4連勝、元王者ディレルはドロー
ニュース

2021年2月28日 日曜日

元ヘビー級王者パーカーが4連勝、元王者ディレルはドロー

■元WBOヘビー級王者ジョセフ・パーカー(ニュージーランド)が27日、同国オークランドでWBO5位にランクされる同胞ジュニア・ファと世界ランカー対決。判定勝ちでWBOオリエンタルヘビー級王座を獲得した。スコアは119-109、117-111、115-113。戦績を28勝21KO2敗としたパーカーは18年3月にアンソニー・ジョシュア(英)に王座を奪われ、次戦でディリアン・ホワイト(英)に連敗後は4連勝。ファはキャリア初黒星で19勝10KO1敗。

■サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)が初防衛をはたしたWBC・S・ミドル級の挑戦者決定戦が27日(日本時間28日)、米ロサンゼルスで行われ、元WBC同級王者アンソニー・ディレル(米)とカイロン・デービス(米)の12回戦はドローに終わった。スコアはそれぞれに115-113、残りが114-114。36歳のディレルは33勝24KO2敗2分。ノーランカーの26歳、デービスは15勝6KO2敗1分。

■カネロvs.イルディリムの前座で行われたヘビー級10回戦で、ヘビー級のWBO8位、IBF15位にランクされ、中国人初のヘビー級王者の期待がかかるヂャン・ヂレイ(張志磊)がジェリー・フォレスト(米)と10回引き分け。スコアは95-93でフォレスト、残る2人が94-94だった。2008年北京五輪スーパー・ヘビー級銀メダリストの37歳、ヂヤンはキャリア初ドローで22勝17KO1分。フォレストは26勝20KO5敗。

Related

関連記事