日本語

Home > ニュース > 亀田興毅氏が大阪に新ジム開設 元2階級制覇王者の和毅も所属
ニュース

2021年3月1日 月曜日

亀田興毅氏が大阪に新ジム開設 元2階級制覇王者の和毅も所属

 元世界3階級王者で亀田3兄弟の長男、亀田興毅氏(34)が1日、大阪・西成区に日本プロボクシング協会に加盟するジム「3150(サイコー)ファイトクラブ」を開設した。

「若手を育てる」と亀田興毅会長

 会長を務める興毅氏は会見で「いま自分があるのはボクシングのおかげ。新型コロナで試合開催が少ないが、興行を積極的に行って、命をかけて戦う若いボクサーがリングに上る環境を増やしてファイトマネーが稼げるようにしたい。鶴の恩返しじゃなく亀の恩返し。ボクシング界に僕なりの恩返しをしたい」と思いを語った。

 大阪メトロ四つ橋線岸里駅近くの玉出レジャービル8階にあるジムは父史郎氏(55)が開いていたアマジムの施設を使用。3兄弟唯一の現役で、元世界2階級王者の三男、和毅(29)が看板選手として所属する。

 国内で所属ジムがなかった和毅からは「お兄ちゃんありがとう」と感謝されたという。興毅氏は「和毅は29歳。まだまだ世界を狙える。試合をはさんで世界チャンピオンにもっていってあげたい」と強力にサポートすることを誓った。また、アマジムで練習している3人がプロテストを受けることも明らかにした。

 8歳を頭に4人の男児の父である興毅氏は東京に在住し、選手の指導は元グリーンツダジムの選手だった竹本裕規トレーナー(37)らに任せる。プロモーター資格を取得し、興行の際はライブ配信などの新たな形態を用いて、ボクシング界を盛り上げていく展望を示した。今後は月1回程度の興行開催が目標で、「ボクシングでは世界チャンピオンになったので、世界一のプロモーターになりたい」と意気込みを語った。

■3150(サイコー)ファイトクラブ
大阪市西成区潮路1-7-5 玉出レジャービル8階
℡06-6552-4333

Related

関連記事