日本語

Home > ニュース > OPBF王者の豊嶋とWBOアジア王者の別府が激突 
5.6ダイナミックグローブ ウェルター級2冠統一戦
ニュース

2021年3月12日 金曜日

OPBF王者の豊嶋とWBOアジア王者の別府が激突 
5.6ダイナミックグローブ ウェルター級2冠統一戦

 OPBFウェルター級王者・豊嶋亮太(帝拳)とWBOアジアパシフィック同級王者・別府優樹(久留米櫛間&別府優樹)による王座統一戦が決まった。5月6日(木)後楽園ホールのダイナミックグローブのメインカード。

豊嶋(左)と別府。ともに初防衛戦だ

 豊嶋はさる1月、長濱陸(角海老宝石=引退)からダウンを奪って12回判定勝ちし、タイトル初挑戦を実らせた。13勝8KO2敗1分の右ボクサーファイター。

 対する別府は21勝20KO1敗1分の右パンチャー。“九州のタイソン”で売り出し、14連続KOをマーク。一昨年12月、矢田良太(グリーンツダ)に10回TKO勝ちで空位の王座を獲得した。

 ともに初防衛と王座統一をかけてのタイトルマッチ。このチャンピオン対決は日本テレビ系の定期ボクシング番組「ダイナミックグローブ」600回目のメインで開催される。帝拳プロモーションが手掛ける“ダイナミック”は、前身の「報知ダイナミックグローブ」も合わせると優に1000回を超す長寿興行。

 国内ウェルター級はほかに日本チャンピオンの小原佳太(三迫)が4月9日に坂井祥紀(横浜光)を迎えて初防衛戦を行うことが決まっている。

Related

関連記事