日本語

Home > ニュース > 東日本協会理事会 エアボクシング4月に復活 
元ランカー 秋葉慶介さんのアキバジムが協会加盟
ニュース

2021年3月17日 水曜日

東日本協会理事会 エアボクシング4月に復活 
元ランカー 秋葉慶介さんのアキバジムが協会加盟

東日本ボクシング協会は17日、オンラインで定例理事会を開き、ジュニア選手を対象にした協会事業「ジュニア・チャンピオンズ・リーグ全国大会」の開催を今年は断念。代わって地区ごとにJBCの協力を得てスパーリング大会を開催することなどを決めた。以下、理事会での決定事項。

■協会事業でコロナ禍の影響でストップしているエアボクシング大会は、4月29日の川崎新田ジムからオープン戦を再開。9月と12月に川崎市のカルッツ川崎で規模の大きな大会を開く方針を固めた。また、エアボクシングのライセンス審査をリモートで行うことも決めた。

■1月から6月までの後楽園ホールで開催される興行で、プロモーターに対して出場選手1人あたり2万円の補助金の支出を決定。イベント開催にあたり選手のホテル隔離など新たな費用がかさむことを受けてのもの。

■東日本ボクシング協会が協力したボクシングイベント「LEGEND」で出場選手と所属ジムから寄付金の金額が910万円に。東日本協会は既に50万円をPCR検査で協力を受けている東京・牧田総合病院に寄付。残りのうち360万円を慈恵医大らJBCの提携病院に寄付し、500万円は日本プロボクシング協会で使い道を決める。

■東京・荒川区町屋の「アキバボクシング&フィットネスジム」が東日本協会に加盟。秋葉慶介会長は元日本フェザー級2位。2015年にジムをオープンし、このたびプロ加盟となった。https://akiba-boxing.net/

Related

関連記事