日本語

Home > ニュース > 井上尚弥が渡米 WOWOWインタビュー in 羽田「判定はないだろうなと」

WOWOWエキサイトマッチ

ニュース

2021年6月9日 水曜日

井上尚弥が渡米 WOWOWインタビュー in 羽田「判定はないだろうなと」

 WBAスーパー&IBF世界バンタム級チャンピオンの井上尚弥(大橋)が9日、19日(日本時間20日)米ラスベガスのバージンホテルで行われるIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)との防衛戦に向けて羽田空港から渡米した。

井上の海外での世界戦はこれで4度目

 井上は父の真吾トレーナー、弟の拓真、従兄弟の浩樹さんら第一陣として出発し、現地で最終調整を行う。大橋秀行会長ら第2陣は16日に出発する予定。以下、20日午前10時30から番組を中継するWOWOWが羽田空港で行ったインタビュー。

――出発に際して、いよいよという感じですか。
井上 あと10日……徐々にという感じですね。アメリカに行ってリラックスして残りの体重調整をするつもりです。

――スパーリングのラウンド数は?
井上 数えてはいないけれど、いつもよりは多いですね。相手がサウスポーだからというのではなく、ただ自分の調子が良かったので。普段は4ラウンドぐらいで刻んでやるスパーリングが、自然と6ラウンド、8ラウンドと増えた感じです。

――トレーニングの重点ポイントで、いつもと違う点はありましたか。
井上 長身のサウスポーということを一番に考えてトレーニングしました。

――もちろん、良いコンディションがつくれたわけですね。
井上 ベストですね。あとはラスベガスで微調整するぐらい。あちらでは追い込んだトレーニングはする必要はないですね。

――減量は順調ですか。
井上 もう半分以上は落としているので問題はありません。(減量は)あと4キロぐらいです。

――4回目の海外ファイトですね。
井上 環境も慣れましたね。

――その後、ダスマリナスの映像はチェックしましたか。
井上 ちょこちょこ見ました。毎回、ガッツリ見るほうではないので、今回もさらっと見てイメージを掴んだ程度です。以前とイメージは変わらないけれど、ひとつひとつの打ってくるパンチの癖であるとか、どんなパンチを多用して試合を組み立てるのかとか、そんなところをチェックしたぐらいです。

――ラスベガスでの有観客試合。イメージはできましたか。
井上 なんとなくは……。ラスベガスでの有観客は初めてですが、ロサンゼルス(カーソン)、グラスゴーなど海外のお客さんの雰囲気は味わってきているので。

――今回の試合、IBF1位を相手に自分なりに課しているノルマはありますか。
井上 判定はないだろうと。グダグダ判定まで行っているようだと、そのあとの統一戦に向けてまったくアピールできないので。まずは、勝ちを手にすることが大前提ですが、そのなかで見せるところは見せると。

――長身サウスポーの攻略法は頭に入っていますか。
井上 頭のなかにはあります。あとはリングに上がってからですね。

左から真吾トレーナー、井上、拓真、浩樹さん

――今回の試合のカギを挙げるとしたら。
井上 左のジャブですね。本来、サウスポーがやらなきゃいけないことを僕がやるということです。

――見る側は、どこに注目すればいいでしょうか。
井上 やりたいことはけっこうあるので、そのひとつひとつに注目してほしいですが、今回はサウスポーが相手なので、いつもとは違った戦い方になると思います。たとえば、前の手のつぶし合いであったり、互いの前の足がぶつかったりもすると思うので、そこに関しての駆け引きなど。オーソドックスの選手と戦うときとは考えることがガラリと変わるので。

――いま現在、自信と不安はどの程度のバランスなのでしょうか。
井上 自信しかないです。100。でも、不安がゼロといったらウソになるかな? いまはまだ、パンチが相手に当たらないという想定なので。相手が長身のサウスポーなので、いまは距離がつかめていないというイメージでいます。あとはリング上で向かい合って、いつも通りの感じ方になると思います。

――ところで、ドネアのWBC王座奪取(日本時間5月30日)は刺激になりましたか。
井上 やっぱり刺激になりましたね。強いという感じ。でも、僕と戦ったときよりも強くなったかというと、それは違うかな。相性もありますからね。でも、ウバーリを相手にああいう倒し方をしたということは、ドネアが十分に仕上げてきたということで、いろいろ考えて対策を練って試合をした結果だと思います。

――以前は「ドネアとの再戦は必要ない」と言っていましたが、心境に変化はありますか。
井上 でも、あの勝ち方をしたら、(再戦への)興味は湧いてきました。それに、4団体統一のために必要なベルトを持っているので、戦う意味ができたということですからね。

――その前に、まずは今回のダスマリナス戦ですが、意気込みを。
井上 今回の試合に対してのモチベーションは、その次の統一戦に向けたものでもあるわけで、だからこの試合に対するモチベーションは高いものがあります。ライバルたちに向けて、しっかりアピールできる試合をしてきます。写真=WOWOW提供

Related

関連記事