2013年11月24日日曜日

熊谷コサカジム45周年記念興行

 埼玉県深谷市のヒーローズボクシング会館で行なわれたバンタム級8回戦は鈴木悠介(八王子中屋)が品部正秀(Boy's水戸)を初回2分42秒KOに下した。

鈴木悠介(ボクシングニュース)

品部からダウンを奪う鈴木(右)

 サウスポーの鈴木は強い右フックを多用したところから左ショートを突き刺して品部をダウン。品部が反撃に出たところ再び左で倒した。鈴木はダメージを抱えた品部にパンチをまとめてダウンを奪ってフィニッシュしている。鈴木はこれで3勝2KO1敗。

小坂裕巳会長(ボクシングニュース)

挨拶する小坂裕己会長は2代目

 セミ6回戦は、サウスポー加藤寿(熊谷コサカ)が右リードを軸に切れのあるアウトボクシングを展開。精度の高い左をビシビシ決めて真ひろき(高崎)を圧倒。真は最後までプレスをかけ続けるもバッティングで負った傷が悪化した6回1分26秒で試合は停止。59-55、60-54(2人)の大差3-0判定で加藤の手が挙がった。

 この興行は熊谷コサカジム45周年を記念したもので、女子トライアルマッチに同ジムの稲元真理、時松友二らがスパーリングを公開。またスペシャルゲストとして招かれた輪島功一会長のトークもあり、500名と満員となった会場をわかせている。


-->