日本語

Home > ニュース > 10.14元日本王者の佐川遼が再起戦 前座でレジェンド輪島功一氏の孫がデビュー
ニュース

2021年8月28日 土曜日

10.14元日本王者の佐川遼が再起戦 前座でレジェンド輪島功一氏の孫がデビュー

 三迫ジムが27日、10月14日後楽園ホールで開催する「FUJI BOXING ダイヤモンドグローブ」の概要を発表した。メインの58キロ契約8回戦で前日本フェザー級王者の佐川遼(三迫=写真)が王座陥落からの復帰戦を行う。

 佐川(27=10勝5KO2敗)は今年2月、丸田陽七太(森岡)に7回TKO負けで3度目の防衛に失敗、王座から陥落した。10月14日は小坂烈(23=10勝4KO6敗)と拳を交える。

 セミは日本S・フェザー級最強挑戦者決定戦で、同級1位の中川兼玄(三迫)が同2位の長谷川慎之介(ワールドS)と日本タイトル挑戦権をかけて争う。現在の日本同級王者は坂晃典(仲里)。

 また、前座では元世界J・ミドル級王者“炎の男”輪島功一さんの孫、磯谷大心(輪島功一S)がデビュー戦。68.5キロ契約4回戦で、対戦相手は同じくデビュー戦の羽賀彬光(DANGAN越谷)。

Related

関連記事