日本語

Home > ニュース > あす中谷潤人アメリカ初陣 WBOフライ級V1戦 メインでバルデスが五輪金と防衛戦
ニュース

2021年9月10日 金曜日

あす中谷潤人アメリカ初陣 WBOフライ級V1戦 メインでバルデスが五輪金と防衛戦

 あす10日(日本時間11日)米アリゾナ州ツーソンで開催されるトップランク興行の計量が9日、現地で行われ、WBOフライ級王座の初防衛戦に臨む中谷潤人(M.T)は111.4ポンド(50.53キロ)、挑戦者の元WBO・L・フライ級王者アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)がリミットの112ポンド(50.80キロ)で合格した。

中谷(左)とアコスタ。身長では王者が大きく上回る

 昨年11月、ジーメル・マグラモ(フィリピン)との王座決定戦に勝利して戴冠した中谷(23=21勝16KO)がアメリカで初防衛戦を迎える。中学卒業後、単身渡米してアメリカ修行に励み、キャリアをスタートさせた中谷にとってアメリカはあこがれのリング。強打のアコスタ(30=22勝21KO2敗)を相手にいいパフォーマンスをして、現地のファンと関係者に実力をアピールしようと燃えている。

計量後にほっと一息の中谷=M.Tジム提供

 オッズメーカーのオッズを見てみると、中谷の勝利が1.16倍、アコスタの勝利が4倍(ウイリアムヒル)で中谷が大きく有利と出ている。所属ジムから届いた中谷のコメントは以下の通り。

「計量の感想は、アコスタは小さかったですが、アップライトに構える選手なので、当てづらさとか感じないかなと思います! フェイスオフも相手の気持ちが伝わってきたので少し長くなりましたが、明日に向けて更に集中していけています! 計量後は、うなぎを頂きました! 栄養補給もバッチリです!」

こちらはバルデス(左)とコンセイサン

 メインでは2階級制覇王者オスカル・バルデス(メキシコ)がWBC・S・フェザー級王座の初防衛戦。バルデスはリミットの130ポンド(58.96キロ)、挑戦者のロブソン・コンセイサン(ブラジル)は129.6ポンド(58.78キロ)であすの試合に進んだ。

 2月にミゲル・ベルチェルト(メキシコ)からタイトルを奪ったバルデス(30=29勝23KO)は試合前のドーピング検査で禁止薬物の利尿剤が検出された。これに対して現地コミッションとWBCがゴーサインを出し、批判もある中で試合は開催される。世界初挑戦のコンセイサン(32=16勝8KO)はリオデジャネイロ五輪金メダリスト。Photos by Mikey Williams / TopRank

Related

関連記事