日本語

Home > ニュース > リバスvs.ジェニングス 初代WBCブリッジャー級決定戦 10.22カナダで開催
ニュース

2021年9月14日 火曜日

リバスvs.ジェニングス 初代WBCブリッジャー級決定戦 10.22カナダで開催

 WBCがヘビー級とクルーザー級の間に新設したブリッジャー級の初代王座決定戦が10月22日、カナダ・モントリオールのオリンピア・シアターでゴングが鳴ることになった。カードは既報のようにランキング1位オスカル・リバス(コロンビア=カナダ)vs.同3位ブライアント・ジェニングス(米)。ボクシングシーン・ドットコムが伝えた。

こちらはヘビー級世界戦経験もあるジェニングス

 WBCは昨年、224ポンド(101.605キロ)リミットのブリッジャー級のランキングを発表。初代王座決定戦の開催を通達した。しかしコロナ・パンデミックのイベント開催要綱などが影響し、実現が遅れていた。WBCは「ヘビー級選手の平均が大型化し、小柄なヘビー級にチャンスを与える」をブリッジャー級新設の目的に挙げている。

 リバスとジェニングスは19年1月に対戦し、リバスが最終12回TKO勝ちしている。ランキングは2位にエフゲニー・ロマノフ(ロシア)、4位にルーカシュ・ロザンスキ(ポーランド)が君臨。前者はWBCブリッジャー級シルバー王者、後者は同級インターナショナル王者に就いている。

 試合はESPN+が米国へ中継を予定。米国テレビがカナダのイベントを中継するのは18年12月以来となる。

Related

関連記事