日本語

Home > ニュース > 各階級王者1人を目指すWBA、ウェルター級トーナメントをオーダー
ニュース

2021年9月17日 金曜日

各階級王者1人を目指すWBA、ウェルター級トーナメントをオーダー

 チャンピオン減少に着手しているWBAがウェルター級の整理に取り掛かる。16日(日本時間17日)、WBAがオーダーしたプランではスーパー王者ヨルデニス・ウガス(キューバ)がランキング1位エイマンタス・スタニオニス(リトアニア)と来年1月22日までに、レギュラー王者ジャマル・ジェームス(米)が3位ラジャブ・ブタエフ(ロシア)と今年11月までに対戦せよとなっている。

 そして勝者同士が来年3月までに対戦しチャンピオンが一人になる――を目標に掲げる。ブタエフを除く3人はいずれも米国興行大手のPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)の下でリングに上がっており、これらのカードは実現しやすいとの声もある。

 WBAのウェルター級は8月、米国ミネソタ州で行われた暫定王座決定戦が疑惑の判定と過去のジャッジの人種差別発言でスキャンダルを巻き起こした。それがWBAが王者減少方針を打ち出す発端となった。11月にはWBO王者テレンス・クロフォード(米)vs.元王者ショーン・ポーター(米)が開催され、強豪がしのぎを削るウェルター級が一段と白熱する様相を見せている。

Related

関連記事