May
24
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > キマグレンKUREI デビュー戦は1回KO負け

キマグレンKUREI デビュー戦は1回KO負け

2013年11月29日 20時20分

 人気音楽ユニット「キマグレン」のボーカルKUREIこと榑井勇輝(EBISU K's BOX)が29日、後楽園ホールでデビュー戦に挑み、1回1分17秒KO負けした。

榑井勇輝(ボクシングニュース)
初戦を飾れなかった榑井(左)。最初のダウンシーン

 人気ボーカルの試合とあって会場に黄色い声援も飛び交う中、榑井は笑顔でリングに登場。同じくデビュー戦となるサウスポー窪田晃則(SRS)との一戦に臨んだ。

 ゴングと同時に勢いよく前に出た榑井だったが、長身の窪田の左フックを浴びてロープ際でダウン。試合再開後反撃に出たが、またしても左を食らい、ツーノックダウンでKO負けとなった。

 初のリングを終えた感想は「ヘッドギアなしでパンチをもらうと全然違う。ノックアウトとはこういうことなんだと身を持って感じた」。終始さわやかな表情だったが「もう少しやりたかった」と悔しさものぞかせた。

 音楽活動の合間を縫って練習に励み、明日もライブを控えているという榑井。またプロのリングに上がるかは未定ながら「またやりたい? そうですね。負けず嫌いなので」と含みも持たせた。

Related article
関連記事