日本語

Home > ニュース > フルトンが2-0判定でS・バンタム級2冠統一 王座陥落のフィゲロアは勝利猛アピール
ニュース

2021年11月28日 日曜日

フルトンが2-0判定でS・バンタム級2冠統一 王座陥落のフィゲロアは勝利猛アピール

 ラスベガスのパークMGMで27日(日本時間28日)ゴングが鳴ったS・バンタム級統一タイトルマッチは、WBO王者スティーブン・フルトン(米)がWBC王者ブランドン・フィゲロア(米)に2-0判定勝ち。初防衛を果たすとともに2本のベルトのタイトルホルダーになった。

フルトン(左)の技巧とフィゲロアの積極性がぶつかった

 出だしから左右にスイッチを繰り返しながら接近戦を挑むメキシコ系のフィゲロアに、米東部フィラデルフィアが地元のフルトンが的確なブローを返して応戦する。パンチのラリーは続き、フィゲロアのアグレッシブさを取るか、フルトンの正確さとカウンターを評価するかで優劣が左右される。前半6
6ラウンドまでスコアは競っていたように思われた。

 7回以降も随所に巧さを発揮するフルトンだが、圧力を強めたフィゲロアが執拗なボディー打ちで沸かせる場面が多くなる。10回は両者のベストラウンド。試合途中から左構えが主流になったフィゲロアが怒涛のラッシュ。ここで勢いづいたWBC王者がラスト2回、打ち勝って勝利を引き寄せた印象がした。

 しかしスコアカードは1人が114-114のイーブン。他の2者は116-112でフルトンを支持した。

 勝利インタビューでフルトンは「戦争のような試合でクロスファイトだった」と語ったが、フィゲロアが割り込み「みんな誰が勝ったかわかっている」と繰り返しアピール。敗戦に納得がいかないと主張した。対するフルトンは「君はアグレッシブだったけど、私はクリーンヒットで勝った」と反発。体重苦のフィゲロアはフェザー級転向をほのめかした。

フィゲロア(左)はインタビューに割り込んで勝利をアピール

 フィゲロアは初黒星で22勝17KO1敗1分。フルトンは20勝8KO無敗。S・バンタム級はムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)がWBAとIBF王座を保持。4団体統一戦が期待される。Photos from Esther Lin/SHOWTIME

Related

関連記事