日本語

Home > ニュース > ライト級統一戦は番狂わせ カンボソスがダウン応酬制す ロペスに2-1判定勝ち
ニュース

2021年11月28日 日曜日

ライト級統一戦は番狂わせ カンボソスがダウン応酬制す ロペスに2-1判定勝ち

 ニューヨーク・マジソン・スクエアガーデンHuluシアターで27日(日本時間28日)行われたライト級統一タイトルマッチは、挑戦者IBF1位のジョージ・カンボソス(オーストラリア)が統一王者テオフィモ・ロペス(米)に2-1判定勝ち。直前のオッズ13-1を覆して無名から一躍、主役に躍り出た。

 初回、会場の応援をバックに右を決めるなど優勢に進めていたロペスにカンボソスの右オーバーハンドが命中。統一王者がリング中央に倒れる。スマイルを浮かべたロペスは2、3回挽回に努めるがペースを奪うまでに至らない。4回、ジャブが秀逸なカンボソスはそれに続く左フックをかぶせ、ロペスに苦戦を強いる。

 ロペスは13ヵ月に及んだブランクと影響か、それまでの破竹の勢いが感じられず強引に仕掛ける場面が目立つ。6回に左目をカットしたカンボソスに、ロペスも7回、左目を切り顔面が腫れる。

 ようやく8回終了間際、右を上下に浴びせて沸かせたロペスは9回にも攻勢。そして10回、右でカンボソスを横転させる。残り時間はたっぷりあり挑戦者を追い込むロペスだが、決め手を欠き、カンボソスはサバイバルする。11回、ロペスのカットにドクターチェックが入り続行される。

 拮抗したスコアで迎えた最終回、顔面血まみれのロペスにカンボソスがアウトの距離から左を決め終了ゴング。公式スコアは115-111、115-112(カンボソス)、114-113(ロペス)で王者交代となった。

 殊勲のカンボソス(20勝10KO無敗)は「現実が信じられないけど、自分自身を信じていた。全部の宝石(ベルト)を手に入れた。私はキングではなくエンペラーになった。なぜなら他国からやって来てそれぞれも王国を奪ったからだ」とインタビューでコメント。

 一方、初黒星のロペス(16勝12KO1敗)はワシル・ロマチェンコを攻略して就いた統一王座を一気に失った。「みんな私が勝ったと思っている。クロスファイトでもなく私のスコアは大差で勝ったと思う。でもあなた(カンボソス)をリスペクトする。オーストラリアで8万人の観衆の前でリマッチに応じてもいい」と気持ちを入れ替えた。

Related

関連記事