日本語

Home > ニュース > 12.14防衛戦のWBOミニマム級王者メンデス 挑戦者の谷口将隆を評価「実力伯仲だ」
ニュース

2021年12月8日 水曜日

12.14防衛戦のWBOミニマム級王者メンデス 挑戦者の谷口将隆を評価「実力伯仲だ」

 12月14日に両国国技館で谷口将隆(ワタナベ)の挑戦を受けるWBOミニマム級王者ウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)の情報が8日、大橋ジムより届いた。今回が3度目の防衛戦となるサウスポー王者は28日に来日して以降、日本でリラックスして最終調整を行っている模様だ。写真=大橋ジム提供

最終調整を行うメンデス

――日本に到着してからトレーニングはどうでしたか?
「すべて順調に進んでいる。ジムでは十分なトレーニングを積んでいる」

――もうすぐタイトルマッチですが、今の気分はどうですか?
「最高のコンディションだと感じており、勝利をもって帰国する準備が整っている」

――日本のファンはこのタイトルマッチに注目しています。どんな戦いをしたいですか?
「試合が待ち遠しい。この試合が非常に実力伯仲であるという熱狂を感じている」

――谷口の印象はどうですか?
「谷口は非常によい選手で世界タイトル挑戦にふさわしい実力者と感じている」

――日本では何を食べますか?
「到着以来、もっぱら肉を食べていて、日本の肉はファーストクラスだ」

Related

関連記事