日本語

Home > ニュース > 4団体統一王者テイラー「私は相手を軽視して失敗しない」2.26グラスゴー防衛戦
ニュース

2021年12月8日 水曜日

4団体統一王者テイラー「私は相手を軽視して失敗しない」2.26グラスゴー防衛戦

 S・ライト級4団体統一王者のジョシュ・テイラー(英)が来年2月26日、英スコットランドのグラスゴー、SSEハイドロでWBO指名挑戦者ジャック・カテラル(英)と防衛戦を行う。両者が7日、記者会見に出席して意気込みを語った。

 テイラーは5月、WBC&WBO王者だったホセ・ラミレス(米)を下してイギリス人として初めて4団体統一に成功。カテラル戦は当初、12月18日にセットされていたが、テイラーの負傷により新たなスケジュールが組まれた。

 会見でテイラー(30=18勝13KO)は「ジャックはグッドファイターだ。26戦全勝でここ数年にわたり世界挑戦のチャンスを待っていた」とした上で、「みんな私の次のファイトのことばかりを言うが、それはジャックを過小評価している。ここ最近、相手を軽視するボクサーを何人か見てきたが、みんなうまくいっていない」とコメントした。この試合に勝利してウェルター級進出もささやかれる中、ジョージ・カンボソス(豪)に敗れたライト級統一王者テオフィモ・ロペス(米)らを念頭に置いて気持ちを引き締めた。

 カテラル(28=26勝13KO)はWBO指名挑戦権を持ちながら、テイラーとラミレスの4団体統一戦を認め、1試合待って世界戦の舞台に立つ。サウスポー対決を前にカテラルは「ベルトをイングランドに取り戻す。ジョシュは私のような選手を戦ったことがない」と自信満々に語った。

Related

関連記事