日本語

Home > ニュース > 井岡一翔に挑戦の“リトルパッキャオ”福永亮次 世界を驚かすアップセットに虎視眈々
ニュース

2021年12月24日 金曜日

井岡一翔に挑戦の“リトルパッキャオ”福永亮次 世界を驚かすアップセットに虎視眈々

 大みそかの東京・大田区総合体育館でWBO・S・フライ級王者、井岡一翔(志成)に挑戦する同級6位の福永亮次(角海老宝石)が24日、東京・大塚のジムで練習を公開した。

サウスポー福永の強打は炸裂するのか

 井岡が対戦予定だったIBF王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)が入国できないことになり、急きょ抜擢された福永。もともと減量が苦しくないこともあり、ウエートはリミットまで3キロ程度。最終挑戦は順調に進んでいるようだ。

 かつては雲の上の存在と感じていた井岡も、いざ対戦相手となれば話は別で、「自分が戦うとなったら見方も違う。ちょっとしたスキとか、そういうのを見るようになりました」とも。参謀の奥村健太トレーナーとともに安定王者の“穴”を探し続け、対策を練ってきた。

 もちろん日本人唯一の世界4階級制覇王者が強いことは分かっており、「気をつけるところは全部です。すべてが一流の一流なので」とも発言。井岡の「世界戦の厳しさをリングの上で分からせる」との発言を耳にすると、「そうですね。ちょっと分からせてもらおうかなと」、これはサラリとかわした。

 既にスパーリングを終えて、あとはマスボクシングで仕上げる予定。予想が不利であればあるほどリターンが大きいことをよく知る挑戦者は「熱く感動するような試合をして、最後は僕の手が挙がっているイメージ」と世界を驚かすアップセットを誓った。

 試合の模様はTBS系列で31日18時30分から全国生中継されるほか、動画配信のParaviで18時55分ごろから生中継される。

Related

関連記事