日本語

Home > ニュース > 2.25女子ダブル世界戦 メインは元世界王者の宮尾綾香×世界戦2度目のホープ松田恵里
ニュース

2021年12月24日 金曜日

2.25女子ダブル世界戦 メインは元世界王者の宮尾綾香×世界戦2度目のホープ松田恵里

 DANGANは24日、2月25日に後楽園ホールで女子興行「Victoriva8」を開催すると発表。メインのIBF女子世界アトム級王座決定10回戦で王座を争う元世界王者の宮尾綾香(ワタナベ)と松田恵里(TEAM10COUNT)がオンラインで会見した。

初の世界タイトル獲得を狙う松田(左)と王座返り咲きを目指す宮尾

 38歳の宮尾は元WBAアトム級王者、元WBAアトム級暫定王者で、JBC公認前も含めると35戦24勝6KO9敗2分のベテラン。19年9月、WBA女子アトム級戦で正規王者モンセラット・アラルコン(メキシコ)に敗れて以来の王座返り咲きを目指す。

 キャリアと年齢で上回る宮尾は「アマチュアをされていたので形がきれい」とかつて何度もスパーをしたことのある松田のボクシングを評価した上で、「それをへし折るようなパワフルさで崩していきたい」と松田粉砕を宣言した。

 アマチュア出身の27歳、松田(5勝1KO1分)は今年3月、IBF女子世界アトム級王者の花形冴美(引退)と引き分けて以来、2試合連続の世界挑戦。「前回は引き分けだったけど、負けた気しかしなかった」とタイトルを取れなかった悔しさを今回の試合にぶつける意気込みだ。

 もともとスタイリッシュなサウスポーだが、花形戦以降はインファイトやフィジカル強化などレベルアップを図ってきた。今月29日から正月返上で4日間の走り込み合宿を予定している松田は「今度こそ世界チャンピオンになる」と言葉に力を込めた。

 セミではWBOアトム級王者の岩川美花(姫路木下)が鈴木菜々江(シュウ)を迎えて2度目の防衛戦。両者は20年9月に対戦して岩川が2-1判定勝ち。ダイレクトリマッチが今年10月に予定されていたが、岩川のけがで延期となっていた。 写真=DANGAN提供

Related

関連記事