日本語

Home > ニュース > イギリスの1月ボクシングイベントは停止 英国ボクシング管理委員会発表
ニュース

2022年1月5日 水曜日

イギリスの1月ボクシングイベントは停止 英国ボクシング管理委員会発表

 イギリスのボクシング管理委員会(BBBofC)は新型コロナウイルス感染拡大の現状を考慮し、1月に開催予定だったボクシングイベントをすべて停止すると発表した。

 これにより今月29日に予定されていたクリス・ユーバンクJrとリアム・ウィリアムスによる英国ミドル級対決は延期が決定。この試合はもともと12月に設定されており、2度目の延期となる。

 2月以降、通常通りのイベント開催になるかは今後の状況を見極めて上でBBBofCがあらためて判断する。2月26日にはグラスゴーで、S・ライト級4団体統一王者ジョシュ・テイラー(英)がジャック・カテラル(英)との防衛戦が予定されており、今後の動向が気になるところだ。

 イギリスは新型コロナウイルスの新規感染者数が4日時点で初めて20万人を突破。ただし重傷者や死者は少なく、イギリス政府は現時点で厳しい行動規制を敷く予定はない。

Related

関連記事