May
28
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 日本ミニマム級王者の石澤開が1月MVP 敢闘賞はS・バンタム級王者の古橋岳也

日本ミニマム級王者の石澤開が1月MVP 敢闘賞はS・バンタム級王者の古橋岳也

2022年2月7日 13時43分

 東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は7日、1月の月間三賞を発表。最優秀選手賞には日本ミニマム級チャンピオンとなった石澤開(M.T)が選ばれた。

石澤開

 石澤は現WBO同級王者、谷口将隆(ワタナベ)が返上したベルトを無敗の森且貴(大橋)と争って8回KO勝ち。持ち前のパワーに加え、コンパクトなパンチと冷静な試合運びが光った。

ドロー防衛の古橋(右)

 敢闘賞は日本S・バンタム級王者の古橋岳也(川崎新田)が受賞した。古橋は2度目の防衛戦で前王者の久我勇作(ワタナベ)と立場を入れ替えて再戦。強打の久我に前半リードを許しながら、持ち前のスタミナと前に出るボクシングでドロー防衛をはたした。

 新鋭賞は向山太尊(ハッピーボックス)。向山は古橋×久我の前座で日本タイと球6位の清田亨(大橋)に2回TKO勝ち。ランカーを撃破した試合が評価された。

Related article
関連記事