April
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 元世界王者の比嘉大吾が徳之島キャンプ、今春復帰に向けOPBF王者の木村吉光らと特訓

元世界王者の比嘉大吾が徳之島キャンプ、今春復帰に向けOPBF王者の木村吉光らと特訓

2022年2月8日 11時26分

 元WBCフライ級王者の比嘉大吾(志成)が同門の東洋太平洋S・フェザー級王者の木村吉光、日本S・バンタム級12位の大湾硫斗と鹿児島県の徳之島で10日まで1週間のキャンプを張っている。現地からの映像が届いた。

左から比嘉、木村、野木トレーナー、大湾

 3選手は3日に徳之島入り。野木丈司トレーナーの指導のもと、6時30分から走り込み、11時からボクシング練習、15時30分からクロスカントリーなど精力的にトレーニングを続けている。

 世界王座陥落後、フライ級からバンタム級に上げた比嘉は昨年4月、WBOアジアパシフィック同級王座の防衛戦で西田凌佑(六島)に敗れて王座陥落。世界戦以外で初めての黒星を喫した。野木トレーナーによると今春の復帰戦を目指し、心身ともにコンディションは上がっている模様だ。

 昨年12月に日本王者の坂晃典(仲里)を下してOPBF王座を獲得した木村、同じく日本ランキング入りを果たした大湾も見ていながら春のリングを目指している。

徳之島は陸上マラソン五輪金メダリストの高橋尚子さんが練習をしたことから長距離選手が多く合宿をしており、昨年は高橋さんを育てた故小出義雄さんの功績を称えた「小出義雄メモリアル天城クロスカントリーコース」の記念碑が建てられた。小出さんは野木トレーナーの高校時代の恩師でもある。

Related article
関連記事