April
15
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 4団体統一王者テイラー「規則正しく崩していく」今週末グラスゴーで凱旋防衛戦

4団体統一王者テイラー「規則正しく崩していく」今週末グラスゴーで凱旋防衛戦

2022年2月25日 11時09分

 今週土曜日26日(日本時間27日)英国スコットランド・グラスゴーのSSEハイドロで開催されるS・ライト級4団体統一戦の最終会見が24日行われ、4団体統一王者ジョシュ・テイラー(英)と挑戦者WBO1位ジャック・カテラル(英)が意気込みを語った。

王者テイラー(左)にカテラルが挑戦

 会場近郊がホームタウンのテイラーは凱旋試合。12月にこのカードが組まれたが、自身の負傷のため延期された。

 待望の地元ファンに勇姿を披露する一戦を前に「彼が私を負かすとは思えない。彼がどれくらいの準備をしているかわからないが、どんなことをリングに持ち込んでもそれに勝る用意をしている」と余裕のコメント。そして「彼はいい選手だけど、私は苦痛を与えて規則正しく崩しに行く」と自信をみなぎらせた。

 対するカテラルは「私は2年前からWBOの指名挑戦者。ただ幸運が巡ってくるためにここへ来たのではない。ずっとジムで練習しながらこの機会を待っていた」とアピール。

 昨年テイラーがホセ・ラミレス(米)と4団体統一戦を行った時はWBOの指名挑戦権を保留して両者に試合の機会を与えた。「そして彼は比類なきチャンピオンに君臨した。この機会を活かさないわけにはいかない」と大物食いに意欲を見せた。

 セミ格では五輪連続金メダリスト、ロベイシー・ラミレス(キューバ)がエリック・ドノヴァン(アイルランド)とフェザー級10回戦。ラミレスは12年のロンドン五輪以来の英国での試合となる。Photo by Lawrence Lustig

Related article
関連記事