April
15
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 元日本&WBO・AP王者の井上浩樹が現役復帰 井上尚弥&拓真の従兄弟

元日本&WBO・AP王者の井上浩樹が現役復帰 井上尚弥&拓真の従兄弟

2022年2月24日 20時50分

 元日本S・ライト級&WBOアジアパシフィック同級王者の井上浩樹(29=写真)が24日、現役復帰を表明した。所属の大橋ジムが明らかにした。

 井上兄弟の従兄弟である井上はアマチュアで活躍したのち2015年にプロ転向。19年4月に細川バレンタインから日本王座を奪い、その後WBOアジアパシフィック王座も獲得した。20年7月、日本王座のV2戦で永田大士(三迫)に敗れ、プロ初黒星を喫したあとに引退を表明した。

 引退後も井上尚弥の世界タイトルマッチに同行し、練習パートナーを務めるなどボクシングとのつながりは保っていた。大橋秀行会長はJBCに引退届を提出せず、現在も日本S・ライト級17位にランクされている。

Related article
関連記事