日本語

Home > ニュース > 関西のホープ日本S・バンタム級9位の下町俊貴 8回TKO勝ちで12連勝マーク
ニュース

2022年4月3日 日曜日

関西のホープ日本S・バンタム級9位の下町俊貴 8回TKO勝ちで12連勝マーク

 グリーンツダジム主催の「第25回クラッシュボクシング」は3日、大阪市のエディオンアリーナ大阪第二競技場で行われ、メインのS・フェザー級8回戦は、日本S・バンタム級9位、下町俊貴(25=グリーンツダ)がジェリー・カストロ・ヴェルデ(25=石田)に8回TKO勝ち、12連勝をマークした。

下町は8回にダウンを奪った

 1回からジェリーが強引にフックを振るって攻勢をかけた。下町はサウスポーからスイッチを交えて前進する相手にやや戸惑った感じもあったが、冷静に右ジャブで距離をキープした。10勝5KO8敗の戦績で石田ジムのトレーナーを務めていたジェリーは2年8カ月ぶりのリングだが、宇津木秀(ワタナベ)、保田克也(大橋)らと後楽園ホールで戦っているだけに、実力は十分。徹底してボディ攻撃を続けた。

 下町はジャブからの左ストレートで対抗、互いに譲らない打撃戦を展開。観客から大きな拍手が送られる中、最終8ラウンドに下町の右フックがきれいにヒットしてダウンを奪った。立ち上がったジェリーに下町がラッシュをかけると、主審が試合を止めた。

 17年4月の西日本新人王予選以来12連勝を飾り、14勝10K1敗2分とした下町は「2階級上で戦ったので、相手のパンチも強くて苦しかった。でも8ラウンド戦え、ダウンもとれてよかった」と試合内容に満足気。本石昌也・グリーンツダジム会長は「S・バンタム級でタイトルを狙わせたい」と下町の成長に手ごたえをつかんでいた。

◇S・フェザー級8回戦
下町俊貴(グリーンツダ)[TKO8回50秒]ジェリー・カストロ・ヴェルデ(石田)

◇53キロ8回戦
那須亮祐(グリーンツダ)[3-0(80-72×3)]矢島大樹(松田)

◇フェザー級6回戦
濵元耕平(フォーラムS)[3-0(59-54×2。60-53)]三尾翔(グリーンツダ)

◇S・フライ級6回戦
森野大地(フュチュール)[TKO4回2分21秒]高埜響(グリーンツダ)

Related

関連記事