June
15
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 日本ウェルター級は暫定王座設置 6.13元王者の永野祐樹と2位の小畑武尊

日本ウェルター級は暫定王座設置 6.13元王者の永野祐樹と2位の小畑武尊

2022年4月11日 10時47分

 日本ウェルター級暫定王座決定戦が6月13日、後楽園ホール「第613回ダイナミックグローブ」にセットされた。元日本王者で同級1位の永野祐樹(帝拳=写真左)と同2位の小畑武尊(ダッシュ東保=同右)が対戦する。

 日本ウェルター級タイトルマッチは当初、4月12日に王者の小原佳太(三迫)が永野を迎えて防衛戦に臨む予定だった。しかし小原が右足を負傷して戦線離脱。永野が最上位ランカーの小畑と暫定王座決定戦を行う運びとなった。

 サウスポーの強打者、永野(32=19勝15KO3敗)は20年2月、3度目の防衛戦で小原に敗れて王座陥落。再起後2連勝で小原へのリベンジを目指していた。

 同じくサウスポーで九州のホープ小畑(23=11勝4KO5敗1分)は21年3月、日本ユース・ウェルター級王座を獲得。今回が初の日本タイトルマッチとなる。

Related article
関連記事