June
15
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 再び世界目指す井上拓真 激闘男の古橋岳也とS・バンタム級2冠戦 6.7井上尚弥×ドネアのセミ

再び世界目指す井上拓真 激闘男の古橋岳也とS・バンタム級2冠戦 6.7井上尚弥×ドネアのセミ

2022年4月16日 20時18分

 WBOアジアパシフィックS・バンタム級王者の井上拓真(大橋)と日本同級王者の古橋岳也(川崎新田)が6月7日、さいたまスーパーアリーナで2本のベルトをかけて12回戦を行う。この日のメインは拓真の兄、井上尚弥(大橋)とノニト・ドネア(フィリピン)による世界バンタム級3団体統一戦。大橋ジムが16日発表した。

井上拓真(左)と古橋岳也

 元WBCバンタム級暫定王者の拓真(26=15勝3KO1敗)は昨年11月、和氣慎吾(FLARE山上)と空位のWBOアジア王座を争って勝利。同年1月、OPBFバンタム級王者の栗原慶太(一力)戦に続いて、国内トップ選手を退けた。

 古橋(34=28勝16KO8敗2分)は今年1月、元日本王者の久我勇作(ワタナベ)と引き分けて2度目の防衛に成功。ビッグネームと言える拓真との対戦はキャリア最大のチャンスを迎えたと言えるだろう。

 セミセミにはS・ライト級アジア2冠王者の平岡アンディ(大橋)が登場。日本同級8位の赤岩俊(マナベ)と日本タイトルの防衛戦を行う。ほかに、日本S・バンタム級6位の石井渡士也(REBOOT.IBA)と福永輝(沖縄ワールドリング)によるS・バンタム級8回戦、2021年全日本L・フライ級新人王の坂間叶夢(ワールドスポーツ)と石垣芙季(UNITED)の6回戦も発表された。

Related article
関連記事