日本語

Home > ニュース > 宇津木秀が熱戦制し日本ライト級V1 奮闘の富岡樹は3度目実らず 
ニュース

2022年6月14日 火曜日

宇津木秀が熱戦制し日本ライト級V1 奮闘の富岡樹は3度目実らず 

 日本ライト級タイトルマッチは14日、後楽園ホールで行われ、チャンピオン宇津木秀(ワタナベ)が挑戦者8位・富岡樹(角海老宝石)に8回1分8秒TKO勝ち。今年2月に鈴木雅弘(角海老宝石)との決定戦で獲得したタイトルの初防衛に成功した。

宇津木(右)は後半にパワーを爆発させた

 出だしから互いに冴えのある攻防を繰り広げた。立ち上がりの富岡は最小限のフットワークでシャープなジャブ。宇津木も左を多彩に使って距離を縮め、挑戦者にゆさぶりをかかる。

 富岡は長いジャブに加え、近場ではボディフックなど積極的なボクシングでペースを奪いにかかる。しかしそこは宇津木もプレスを増して思うようにさせない。しだいにパンチのラリーが激しさを増し、試合はヒートアップしていく。

 前半を終えて発表されたスコアはジャッジ3者が48-47で挑戦者を支持したが、宇津木の強いプレスが目立ち始め、富岡の消耗もチラリうかがえる。そして6回、宇津木は逆ワンツーで挑戦者をのけぞらせていよいよ攻めを強めた。

 富岡も抵抗し、苛烈な打ち合いの中で宇津木は左ボディから右フック。このコンビネーションはその後も富岡をたびたびピンチに追いやった。一方で富岡も後退はしてもしのいで打ち返し、会場を大いに盛り上げた。

メキシコで防衛成功の世界王者、京口(右)も応援に駆けつけた

 フィナーレは8回。宇津木の猛攻を受け、左ボディ、右フックでまたも富岡が崩れ落ちそうになる。最後まで反撃の意思は示した富岡だが、ふらりと後退したところで染谷主審がストップした。

 宇津木はこれで11戦全勝9KO。中谷正義、吉野修一郎に続き3度目の王座挑戦も実らなかった富岡は7勝2KO6敗1分となった。

Related

関連記事