日本語

Home > ニュース > カネロとゴロフキンがヤンキース戦で始球式 背番号9と17で9.17決戦アピール
ニュース

2022年6月29日 水曜日

カネロとゴロフキンがヤンキース戦で始球式 背番号9と17で9.17決戦アピール

 9月17日ラスベガスのT-モバイル・アリーナで第3戦に臨むS・ミドル級4団体統一王者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)と挑戦者WBAスーパー&IBFミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)。24日のロサンゼルスに続き、27日ニューヨークで発表会見が開催された。

 両者は同日、ヤンキースタジアムで行われたメジャーリーグ、ニューヨーク・ヤンキースvs.オークランド・アスレチックスの始球式に登場。それぞれ同時にファーストピッチを行い、試合の前景気を盛り立てた。カネロは9番のユニフォーム、ゴロフキンは17番をまとい「9月17日決戦」をファンにアピール。

 その後2人はエディ・ハーン・プロモーターをはさんでホームプレートでフェイスオフ。ロサンゼルスの会見同様、鋭い視線で火花を散らし対決ムードを高揚させた。今後カネロはエディ・レイノソ、ゴロフキンはジョナサン・バンクス両トレーナーの下でトレーニングに入る。 Photos by WBC

Related

関連記事