April
14
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 井岡一翔に挑戦の“レジェンド”ニエテス 技術戦予想しつつKO王座返り咲きに意欲

井岡一翔に挑戦の“レジェンド”ニエテス 技術戦予想しつつKO王座返り咲きに意欲

2022年7月7日 19時24分

 WBO・S・フライ級チャンピオンの井岡一翔(志成)に挑戦する元4階級制覇王者ドニー・ニエテス(フィリピン)が7日、オンラインで記者会見と公開練習を行った。試合は13日、大田区総合体育館でゴングが鳴る。

オンラインで記者会見したニエテス

 前日に来日したニエテス(43勝23KO1敗5分)は「体調もいいし、この試合を楽しみにしている」とベテランらしくリラックスした表情。2月にトレーニングを始め、5月からは井岡戦に向けてハードな練習をみっちり積んできたという。

 2018年大みそかに井岡(28勝15KO2敗)に勝利して4階級制覇を達成。初防衛戦をせずに王座を返上したのは「同じフィリピンの選手と指名試合をしたくなかった。別の選手にチャンスを上げたかった」とその理由を説明した。結局2年以上のブランクを作ることになったが、その間も練習を続けてチャンスを待っていたのだという。

 3年7カ月前の井岡との第1戦はハイレベルな技術戦を展開した末に2-1判定勝ち。第2戦の展開を問われたニエテスは「前回と似たような内容になると予想している」とした上で、「チャンスがあればKOしたい」とも語った。

 40歳という年齢を「あまり気にしていない」と話したニエテスは「スピードとパワーを強化したきた」との言葉通り、インタビュー後は画面を通して軽快な動きを披露した。井岡戦以来となる世界タイトルマッチを「自分が伝説的なボクサーとしてそれを維持するための試合」と位置づけるベテランはまだまだ先を見ているようだ。

Related article
関連記事