日本語

Home > ニュース > 仲村がIBF6位に、IBF&WBO最新ランキング
ニュース

2013年12月16日 月曜日

仲村がIBF6位に、IBF&WBO最新ランキング

仲村がIBFでランクイン(ボクシングニュース)
仲村正男

 IBFの12月度ランキングが明らかとなり、日本勢は3選手が新たにランク入りした。S・フェザー級では仲村正男(渥美)が初登場で6位にランクされた。既に他団体でランクされている元世界王者の下田昭文(帝拳)はフェザー級の14位に、同じく粟生隆寛(帝拳)はライト級12位に入った。

 王座交代は2階級であり、ウェルター級はデボン・アレキサンダー(米)を下したショーン・ポーター(米)が新王者に。ミドル級のベテラン、フェリックス・シュトゥルム(ドイツ)はダレン・ベーカー(英)を下して王座に就いた。12月3日の統一戦で敗れたものの王座を保持したS・フライ級王者の亀田大毅(亀田)は「Defended(防衛)」の欄が空欄になったまま。

 WBOランキングで日本選手関係の動きがあったのはS・フライ級。WBA世界バンタム級王者を返上した亀田興毅(亀田)がいきなり2位にランクされた。他に大きな動きはなく、全階級を通じて王座の交代はなかった。

Related

関連記事