日本語

Home > ニュース > 完敗ブローナー再戦熱望、マイダナにはメイ戦浮上
ニュース

2013年12月16日 月曜日

完敗ブローナー再戦熱望、マイダナにはメイ戦浮上

マイダナ

 14日(日本時間15日)米サンアントニオのアラモドームで、マルコス・マイダナ(アルゼンチン)に大差の判定負けでWBA世界ウェルター級王座を明け渡したエイドリアン・ブローナー(米)がダイレクトリマッチを懇願している。

ブーロナー

 判定がアナウンスされるとインタビューを拒否して一目散にドレッシングルームに消えたブローナー。メディアにコメントを求められると「言いたいことは一つ。『リマッチを組んでくれ』。俺にはウォームアップ試合は必要ない。即リマッチをやりたい。今夜はただマイダーナがベターな選手だっただけ」とまくし立てた。

 だが大物ブローナーを番狂わせで下したマイダナには対戦のオプションが豊富。一躍、来年5月に予定されるフロイド・メイウェザーの相手に抜擢される可能性が出てきた。マイダナ自身も「メイウェザーとやる用意は出来ている。ウェルター級では自分が誰よりもパワーがある」と歓迎の姿勢を強調する。

Related

関連記事