日本語

Home > ニュース > WBCがセペダと元王者プログレイスにS・ライト級王座決定戦オーダー ラミレスは結婚で辞退
ニュース

2022年8月3日 水曜日

WBCがセペダと元王者プログレイスにS・ライト級王座決定戦オーダー ラミレスは結婚で辞退

 WBCはS・ライト級1位のホセ・セペダ(米)と同3位レジス・プログレイス(米=写真)に王座決定戦の交渉に入るよう指令した。決定戦は前4団体統一王者ジョシュ・テイラー(英)の王座返上によるもの。

 WBCは当初、1位セペダと2位の元2団体統一王者ホセ・カルロス・ラミレス(米)に王座戦をオーダーした。しかしESPNなどの報道によると、ラミレスは10月に結婚をするためこれを辞退。代わってプログレイスに決定戦が回ってきた。

 元WBC暫定、WBA王者のプログレイス(27勝23KO1敗)は19年10月、テイラーにプロ初黒星を喫して王座陥落。その後は3連勝をマークしている。セペダ(35勝27KO2敗2無効試合)はもし試合が決まれば、15年7月のテリー・フラナガン戦(WBOライト級王座決定戦)、19年2月のWBC・S・ライト級王者ラミレス戦に続いて3度目の世界王座挑戦となる。

 セペダはトップランク、プログレイスはプロベラムと契約を結んでおり、交渉の行方が注目される。交渉期限は今月30日までとされている。Photo by SUMIO YAMADA

Related

関連記事