日本語

Home > ニュース > ウェルター級王者候補オルティスが難病から復帰 全勝全KO記録19に伸ばす
ニュース

2022年8月7日 日曜日

ウェルター級王者候補オルティスが難病から復帰 全勝全KO記録19に伸ばす

 病気で戦線を離脱していたウェルター級世界王者候補のバージル・オルティスJr(米)が6日(日本時間7日)、米フォートワースのディッキーズ・アリーナでウェルター級12回戦を行い、WBO5位マイケル・マッキンソン(英)に9回27秒TKO勝ち。デビュー以来の連続KO勝利を19に伸ばした。

 オルティスは横紋筋融解症という難病を患い、3月に予定されていた試合をキャンセル。ボクサー生命が危ぶまれると報じられたがその後回復し、昨年8月以来のリング復帰を果たした。

 試合はオルティスが初回からブランクを感じさせないパワーでマッキンソンに圧力をかけていった。技巧派サウスポーのマッキンソンは良く足を動かし、柔らかいボディワークでオルティスのアタックをしのぐボクシング。しかし、オルティスは徐々にジャブの精度を上げ、ボディ打ちも繰り出してマッキンソンにダメージを与えていった。

 迎えた8回、下がるマッキンソンにオルティスが左ボディブローを突き刺すと、マッキンソンがヒザをついてダウン。なんとかサバイバルしてマッキンソンだったが、9回早々、再び左ボディを食らってダウン。立ち上がって逃げ回ろうとしたところで、コーナーが棄権を申し出た。

 WBOインターナショナル・ウェルター級王座を防衛した24歳のオルティスは19戦全勝19KO。WBOとWBAで1位、WBC2位、IBFでも3位にランクされており、今後世界タイトルにどう絡むのか注目される。28歳のマッキンソンはプロ初黒星で22勝2KO1敗。Photo by Cris Esqueda/Golden Boy 

■ウェルター級世界王者
WBAスーパー エロール・スペンスJr(米)
WBA エイマンタス・スタニオニス(リトアニア)
WBC エロール・スペンスJr(米)
IBF エロール・スペンスJr(米)
WBO テレンス・クロフォード(米)

Related

関連記事