April
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ロマゴン第3戦目指すエストラーダ前哨戦迫る 試合はWBCフランチャイズ戦に

ロマゴン第3戦目指すエストラーダ前哨戦迫る 試合はWBCフランチャイズ戦に

2022年9月2日 9時27分

 今週土曜日3日(日本時間4日)メキシコ・ソノラ州エルモシーヨの多目的センターで開催されるイベントに出場する選手の公開練習が31日、同地のコリセオ・ボクシング・クラブで行われた。メインは前WBA・S・フライ級スーパー王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)vs.アルジ・コルテス(メキシコ)の12回戦。

夫人と2月に生まれた双子とともに写真に収まるエストラーダ

 約1年半ぶりの復帰戦となるエストラーダ(42勝29KO3敗=32)はこの試合をクリアして12月予定で宿敵ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)との第3戦を目指す。当初、ノンタイトル戦と思われたが、エストラーダのプロモーター、サンフェル・ボクシングによるとエストラーダが保持するWBC・S・フライ級フランチャイズ王座とリング誌タイトルが争われることが決まった。

アップセットを狙うコルテス

 相手に抜てきされたコルテス(23勝10KO2敗2分)は殿堂入りの名将ナチョ・ベリスタイン氏の愛弟子。メキシコシティ出身の27歳はキャリア28戦目で迎えたビッグチャンスにアップセットを期す。ただし米国メディアによるとオッズは16-1と大きくエストラーダ有利と出ている。

 マッチルーム・ボクシングとDAZNが主催するカードではシベ・ノンティンガ(南アフリカ=1位)vs.エクトール・フローレス(メキシコ)のIBF・L・フライ級王座決定戦、ジェレーナ・ムルジェノビッチ(カナダ=WBC)vs.エリカ・クルス(メキシコ=WBA)の世界女子フェザー級統一戦が組まれている。Photos by Zanfer Boxing

Related article
関連記事