June
17
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 黒木優子が4年8カ月ぶり世界王座返り咲き WBOアトム級王者の鈴木菜々江を封じる

黒木優子が4年8カ月ぶり世界王座返り咲き WBOアトム級王者の鈴木菜々江を封じる

2022年9月1日 21時55分

 1日後楽園ホール「Queens Crest2022」のメインでWBO女子アトム級タイトルマッチが行われ、挑戦者で元WBC王者の黒木優子(YuKOフィットネス=写真)が王者の鈴木菜々江(シュウ)に3-0判定勝ち、4年8カ月ぶりに王座に返り咲いた。スコアは97-93、98-92×2。鈴木は初防衛に失敗した。

黒木(右)はアウトボクシングを最後まで機能させた

 およそ4ぶりの世界戦となったサウスポー黒木がフットワークを駆使して鈴木をしっかりさばき、鈴木のアタックを外して左を打ち込むスタートを切った。スタミナとしつこい攻めが身上の鈴木は2回、ボディから顔面への返しを出し始める。3回は黒木の左が何発が決まるが、鈴木はお構いなしで前に出ていった。

 4回、黒木の左カウンターが決まって鈴木の動きが一瞬止まった。黒木は少し余裕が出てきたか、5回も左ストレート、左アッパーも決めながらサイドに動いて王者のアタックをいなした。鈴木はいつものように前に出るが、なかなか得意の乱戦に巻き込んでいけない。

 終盤に入っても展開は変わらなかった。黒木はサイドにサイドに動きながら鈴木のアタックを外し、攻めては左をコツコツ当てていった。鈴木の闘志は衰えないが、前に出ても黒木にロープを背負わせる場面を作れない。試合展開は最後まで変わらずゴングとなった。

 31歳の黒木は17年12月、小関桃に敗れて5度防衛したWBCミニマム級王座から陥落して以来の王座返り咲き。戦績は20勝9KO7敗2分。鈴木は11勝1KO5敗1分。

黒木の話「初めてチャンピオンになったときより、この5年間が長かったのでうれしい。統一チャンピオンになりたいというのが夢。今日負けたら引退と思っていたので、また統一チャンピオンになるためにがんばります」。

Related article
関連記事